Symba Holdings - シンバホールディングス株式会社

ニュースリリース

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 「平成26年度特別支援学校就業支援キャンペーン」企業訪問団がご来社
  • ニュースリリース

トピックス

2014/09/16「平成26年度特別支援学校就業支援キャンペーン」企業訪問団がご来社

 9月11日(木)、「特別支援学校就業支援キャンペーン」運動の一環として、沖縄県教育委員会、沖縄県労働局ならびに特別支援学校に通う生徒さん等25名の関係者が弊社に来社されました。本キャンペーンは、企業・関係団代等への訪問を通して、障害児(者)への理解・啓発を高め、雇用などの拡大を図ることを目的にしています。


 冒頭、沖縄県教育庁 教育指導統括監 平良勉様より、「平成26年度特別支援学校高等部卒業生290人に対して、就職率20.8%(60名)と依然厳しい状況にあり、障害をもつ子、もたない子が一緒に教育を受ける『インクルーシブ教育』が推進されている観点からも 、 1人 で も 多 く の 就 職 体 験 、 就 職 の 受 け 入 れ を 引 き 続 き お 願 い し た い 」 と 障害児(者)を取り巻く就職活動環境に関する説明がございました。


 続いて、特別支援学校3年生で弊社事業会社(株)あんしんにて職業訓練を行った野原佳之さんから「最初は職場に対する心配や不安があったが、先輩方に優しく接してもらい、仕事も丁寧に教えてもらった。自分の課題はコミュニケーション。お客様や社員ともっと円滑に仕事ができるよう引き続き就業体験をがんばりたい」と力強い決意表明がありました。


 最後に、弊社会長の安里繁信より、「弊社は、これまで障害者と健常者を意識することなく人材の採用を続けてきたが、お二人の話しをきいて、区別することなく一緒に社会に参画する重要性を改めて認識した。沖縄県の成長は障害児(者)の社会参画無しにはあり得ないので、すべての子ども達が活躍する場が、これからも増えていくことを強く希望し、弊社としても引き続き障害者の雇用に取り組んでいく」と弊社の基本姿勢を説明させて頂きました。

 弊社は、行政機関との連携のもと、これからも適材適所の観点から障害児(者)の可能性を見出し、障害児(者)健常者が分け隔てなく共に働ける環境作りに取り組むと同時に、この重要性を啓発する活動を支援してまいります。

14091601.png
14091602.png
14091603.png
14091604.png

発表年
トピックスを購読